ページが表示されない404ページの表示内容を変更しました。【Simplicity2カスタマイズ】

先日、管理人の都合によって40記事程度を削除したので、今まで手を付けていなかった404ページのカスタマイズを実行しました。

カスタマイズした404ページ、記事が削除されたときに表示されるページが↓です。

404ページ サンプル

今まで【404 NOT FOUND】の画像のみの表示のみでしたが

ページが表示されない場合、URLアドレスが間違っているか、削除依頼・管理人都合によってページが完全に削除された可能性があります。

トップページにアクセスして頂くよう、お願いします。

ページが表示されない理由とTOPページへのリンクを書いた文章を追加しました。

当サイトのテーマは【Simplicity2】を使っているので【Simplicity2】の404ページのカスタマイズ方法を書いていきます。

Simplicity2 404ページ カスタマイズ方法

WordPressのダッシュボードにアクセスをして【外観】→【ウィジット】を選択してクリックをする。

出てきた画面の下のほうにある【404ページ】をクリックする。

画面の【テキスト】を【404ページ】にドラッグアンドドロップをして、テキスト内容を自分の好きなように編集をして、最後に【保存ボタン】をクリックする。

これで【404ページ】に保存した内容が追加されています。

おまけ 404ページの画像の変更方法

当サイトでは画像の変更をしませんでしたが、画像を変更したいという人がいると思うのでそちらの方法も掲載して置きます。

WordPressのダッシュボードにアクセスをして【外観】→【カスタマイズ】を選択してクリックをする。

左メニューの【レイアウト(全体・リスト)】をクリックする。

出てきた左メニューの一番下にある【404イメージ】の所で自分が404ページで表示したい画像をアップロードをする。

これで表示される画像が変更されてます。

まとめ

今回、404ページが編集前は画像だけの表示だったのですが、表示されない理由を書いた文章とTOPページへのリンクを追加して、分かりやすい404ページになったと思います。

Simplicity2で404ページ内容を編集してみたい人はトライしてみましょう。

WordPress関連記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする